Instagramも更新中!

【2022年6月サービス終了】ZOZOSUITが教えてくれたこと【代替アプリ紹介も】

2022年6月サービス終了。さよならゾゾスーツ その他ガジェット
まにっき
まにっき

大好きだったあのサービス、気づけば突然「終了のお知らせ」…

何度経験しても、悲しいものです…。

またひとつ、素晴らしいサービスがこの世から姿を消してしまいました…。

冒頭から何の話だと思われるでしょうが、個人的には今年イチでショックだった「終了のお知らせ」なので、ここでちょっと語らせてください…。

一時期話題になった「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」がサービス完全終了!

私がショックを受けたのは「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」がサービス完全終了するというお知らせでした…!まじ落ち込みました。本当に大好きで愛用していたので。

ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)とは?

ゾゾスーツ(公式画像)

画像引用:ZOZOTOWN公式サイト

ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)とは、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」が開発・提供していた全身計測用のボディスーツです。

2017年11月に、創業者で前社長の前澤友作氏の鳴り物入りで初代ZOZOSUITが発表され、その後2018年4月には2代目ZOZOSUITを発表。
センサー付きのボディースーツ(2代目は低コストの水玉マーカー型)で体の詳細な3Dデータをスマホを使って自分で計測できる、というこれまでにない画期的なアイデアをもたらしました。

何よりすごいのは…これほど先進的なツールを無料で配布していたという事実、なんですよね…!

まにっき
まにっき

ちなみに私が持っていたのは2代目ZOZOSUIT。すごい人気で、申し込んでから数カ月待って忘れかけた頃に届いたっけ…。

ファッション通販サイトZOZOTOWN(ゾゾタウン)とは

ZOZOSUITを作ったZOZOTOWNとは、洋服だけでなくシューズやコスメの専門フロアも備えた国内最大手クラスのファッション通販サイトです。
私も「新しい服欲しいな~」と思った時にはZOZOTOWNのアプリを開いて、ひたすら検索したりしています。ZOZOのアプリは検索がめちゃめちゃしやすく、商品画像も見やすくて便利なんですよね…。

ZOZOTOWN ファッション通販

ZOZOTOWN ファッション通販

ZOZO, Inc.無料posted withアプリーチ

ZOZOSUITの敗因?プライベートブランド(PB)戦略の失敗

で、ZOZOSUITです。

このような画期的かつ先進技術を詰め込んだようなツールを無料配布してまでやりたかった狙いというのが、ZOZOのプライベートブランド(PB)商品と連動させるという戦略です。

このZOZOSUITで計測したサイズに基づいて、自分にぴったり合ったサイズの洋服=ZOZOのオリジナル商品、つまりPB商品を選んで注文できるようになっていたのです。

まにっき
まにっき

私はジーンズを実際に購入したことがあったんですが、これ本当にセミオーダーした様にピッタリで「すごい!!」と感動したものでした。

「無料配布」という大胆な手法も、一人でも多くの人にZOZOSUITでの計測を体験してもらい、多様なサイズや嗜好に合った商品を提案しPB商品をどんどん購入してもらう…という戦略のためにとられたものなんだろうなと思います。

ただ、結果的には「すごい先進技術のスーツを無料配布」という大きな話題性だけが独り歩きしてしまったようです。
話題に乗って多くの人たちがZOZOSUITを無料で申し込み手に入れたものの、そこで満足してしまい、実際に計測に使ったり、PB商品の購入まで辿り着いた人は想像以上に少なかったのかもしれません。

ゾゾスーツサービス終了のお知らせ

【画像出典:ZOZOTOWN公式サイト

そして、2017年の初代発表からおよそ5年後、サービス完全終了のお知らせ…。

「サービス終了」というのは、スーツを使ったアプリでの計測ができなくなることに加え、これまでアプリ内で記録されてきた計測結果のデータも閲覧できなくなってしまいました

まにっき
まにっき

コツコツと蓄積してきた「計測結果の閲覧もできなくなる」というのが痛かった・・・

というのも私、2020年~21年にかけて-16kgの減量をしまして(!)、そのダイエット中はZOZOSUITを使ってサイズ計測をしていたんですよね!!
だから、ダイエット中の苦労と相まってZOZOSUITには並々ならぬ愛着があるんです…。

ダイエット中の計測に超有能。モチベ維持に役立ってた!

ZOZOSUITの優れていた点は、

全身のサイズを(かなりの)高精度で、一気に、自分で計測・記録することができる

という点だったと思います。

ウエストサイズ、バストサイズ、脚の長さ…こうした体のサイズは従来ならばメジャーを使って1つ1つ計測しなければならず、部位によっては人の手を借りないと計測が難しかったりします。
それがZOZOSUITを着て、ZOZOのアプリからスーツ姿の自分を撮影すれば一気に計測してくれる!

めっちゃ楽~!!

まにっき
まにっき

まあ、スーツ上下着るのめんどいとか、モジモジ君(古い)みたいでダサいとか言い出すと何も生まれませんけどね。

私はダイエットに取り組んでいた期間はモチベーション維持と成果の確認のために、月1回必ずZOZOSUITでサイズを計測していました。

▲実際に計測したデータでビフォーアフターを公開してます!

これが私にとっては、ダイエットのモチベ維持にすごく役立ちました。
特に「ここを絞りたい」という気になるパーツが先月よりどれだけ細くなったのか、すぐに数値で見える化できる。これがすごい重要!

成果が見えると達成感が得られるし、逆にまだまだだな~と感じたとしても 「もっといける!頑張ろう!」と前を向いて目標達成まで走り続けることができたんです。

ZOZOSUITのおかげでブレない服選びが可能になった

ZOZOSUITを使っていて、すごく役に立ったなと実感したことはもう一つあります。
それは・・・

ファッションにおいて、自分のサイズを把握することは超重要!!
ZOZOSUITで正しいサイズを知ることで、服選びでブレない基準が身についた。

という事です。

服選びで失敗しないカギは「自分サイズを知っている」こと!

みなさんは洋服を選ぶとき、何を基準にすることが多いでしょうか?
例えばこんな感じですよね。

  • 自分の好きなブランド
  • 色や形、デザイン
  • 価格やコスパ etc…

でも私、ある時からは服を選ぶとき何よりも注視するようになったのは「サイズ表記」なんです。

どんなに素敵なデザインだったり、欲しいブランドのお洋服であっても、それを自分が身に着けたときにフィットするサイズであるかどうか、で印象は全く違うモノになるからです。

ZOZOSUITで自分サイズを知ることで、ファッション迷子脱却!

例えば私が特に気にするのはボトムス、とりわけパンツの丈ですね。

私は身長157cmと低身長で、脚も長くありませんので市販のジーンズなどは必ず丈詰めをお願いしないと着られません。

それに、自分の脚の長さ(パンツサイズでは「股下」と表記されるところ)を分かっていないと、実際に試着するまでは自分に合う丈が分からないため、通販でパンツを買うというのは難しい(というか冒険?)のです。

ですが私はZOZOSUITで定期的に「自分サイズ」を把握することで「私の股下は65cm!」と頭にしっかり入ったので、実店舗でも通販でもパンツを選ぶときはサイズで失敗するという事がほとんどなくなりました!

まにっき
まにっき

結局「オシャレな人」って難しいこと考えて服を選んでるわけじゃなくて、自分にフィットするサイズを知っていて、それを活かせているんだろうな…と悟り始めましたわ

ファッション迷子だった私を、サイズ計測という方法で正しい道へと導いてくれたのが、このZOZOSUITだったんだと私は確信しています…。

ZOZOSUITは、戦略的には「失敗作」と言われてしまうのかもしれません。
だけど、ファッション界に一石を投じ、革命を起こしたことは間違いないと私は思っています。

大好きだったよ、ありがとうZOZOSUIT…。
そして、さようならZOZOSUIT…!あなたのことは忘れないよ!!

【代替アプリ】今後はコレ使います…。全身採寸アプリ「Bodygram」

さて、だZOZOSUITへの愛を語りつくしたところで、今後の身体サイズ計測に使える代替的なアプリについてお話して締めくくりたいと思います…。

ボディグラム公式サイト

【画像出典:ボディグラム公式サイト】

Bodygram

Bodygram

Bodygram Inc.無料posted withアプリーチ

こちらのアプリ「Bodygram(ボディグラム)」は、服を着たまま前、横から撮影するだけで全身24部位のサイズ(推定値)計測が行え、瞬時にアバター化されるというもの。

おお、服を着たままで計測OKとは…!ZOZOSUITよりもぐっとカジュアルに全身計測が可能になるんですね…。推定サイズというのが少し気になるものの、手軽にサイズ計測や体型管理を継続するのに最適なアプリといえそうです!

まとめ

今回は、惜しまれつつも2022年6月にサービス終了を迎えた「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」への個人的な愛着を語ってまいりました。

私のダイエットと、ファッション迷子脱却のために大いに貢献してくれたZOZOSUIT。
私のように活用されていた方は、日本中に果たして何人ぐらいいらっしゃったのでしょう…。とても気になるところです。

あれほど話題を呼んだモノでしたし、目指していたビジョンやその技術は素晴らしいものだったはず。いつか何かの形で復活する未来も、ほんの少し期待していたいと思います。

ん?そういえば・・・

まにっき
まにっき

「ZOZOSUIT2」って、どうなったんかなぁ…?(遠い目)

▼-16kgダイエットはAppleWatchのおかげでめちゃくちゃ捗った!という話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
まにっき

iPadで「好き」を綴る、手帳と文具LOVER。手帳やノートの使い方、お気に入りの文房具などを中心にご紹介していきます。
京都郊外|2児ママ|専業主婦|農家の嫁

まにっきをフォローする
その他ガジェット その他のモノコト 着るもの つれづれコラム
まにっきをフォローする
手帳とiPadで、好きを綴る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました